Skip to content

最近初めて知った、猫の野生

先日、自転車で道路を走っている時、不思議なものを見ました。

それは、茶色と黒っぽい色で構成された紙きれかと思いました。

何となく、スズメの羽に似ているな、と思ったところ、本当にスズメの羽だったのです。

しかも、二枚。

そう、スズメ1羽の両方の羽が落ちていたのです。

頭と胴体は見当たらず、羽だけです。

私は、中年ですが、今まで一度もそんなものは見た事がありませんでした。

ひょっとして、猫の仕業かと思ったものの、最近の猫は、美食家になった為、猫缶しか食べない、

そう、猫を飼っている友人から聞いていました。

最近は、猟奇的な事件も多いから、どこかの子供が遊び心でやったとしたら嫌だな、

そうも考え、しばらく嫌な気持ちでいました。

しかし、最近になって、猫のエッセイ漫画を読む機会がありました。

その中では、拾われた猫が成長していくのですが、出された猫缶を残したあと、

自分でスズメをとる姿が描かれていました。

そこで、初めて私は、最近の飼い猫でも、スズメを取る事を知ったのです。

今までは、スズメをとる猫に出会わなかっただけだったのです。

最近の猫は、ネズミやスズメも取らないとの嘆きを聞いてきましたが、

それでも、中には野生を失わない猫もいるのだなぁ、と、感心しました。

Published inルルの日記