Skip to content

ソメイヨシノが終わりましたね

花散らしの雨が降ってソメイヨシノも花びらを落としましたが、足元に目を向けてみるといわゆる雑草と呼ばれる草花も花を付けて誇らしげに咲いていますよ。

私は木に咲く花(木蓮・ミモザ・ユキヤナギ・合歓の木等々)好きですが、こういった草花も好きです。

スミレは春到来とともに順次咲いていて、黄色い花が多い中目を引きます。

また、土手に満開に咲くオオイヌノフグリは水色の可愛らしい花を風に揺らしています。

ナズナによく似ているタネツケソウは白いはながびっしりと咲いて、それは見応えがあります。

ニホンタンポポもセイヨウタンポポに負けないくらい元気に黄色い花を付けていますし、鬼田平子(オニダビラコ)という黄色い花は変わった名前ですが可憐に黄色い花が可愛らしいです。

キュウリグサなんていうのもあって、直径4ミリほどの花をいくつも付けています。

春の花は上だけじゃなく足元にも楽しませてくれる花々がたくさんありますよ。

Published inルルの日記