Skip to content

妻の浮気が原因での離婚の場合

離婚理由は、それぞれです。性格の不一致と言ったような特に理由のないようなものから、浮気と言った明確な理由まであります。

そして、その中の浮気においても、男性の浮気原因が多いように思えますが、実際、女性側の浮気が原因での離婚も多く、その場合、離婚弁護士 男性に相談し、離婚手続きを進めて行く必要があるのです。

浮気=男性と言う事から、女性が浮気をしても、慰謝料などを受け取る事ができないイメージがありますが、それは、大きな間違いです。

女性の浮気が原因で離婚する場合でも、もちろん、男性の方から慰謝料の請求を行う事は可能で、その場合、やはり、弁護士に相談することが大切になってきます。

慰謝料の算定基準は、細かく設定されており、相場としては、100万円から300万円程度が最も多くなっています。とは言っても、例えば、妻が専業主婦だった場合、その支払い能力を考え、減額される場合もある為、一概にどれぐらいもらう事ができるかと言う事はわかりません。その為にも、やはり、正当な慰謝料請求を行う為に、やはり、弁護士への依頼が大切になってくるのです。

また、もし、浮気の証拠が見つからない場合や女性が認めない場合。その他、慰謝料請求を受け入れない場合などの際にも、自分一人で解決する事は難しくなってきます。そのような事に陥らない為にも、早めに手を打つと言った形で、弁護士に相談しておく事も大切です。

女性の浮気が原因でも、十分に慰謝料を取る事ができる為、まずは、あきらめることなく、弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

Published inルルの日記