Skip to content

水素水サーバーとは?

水素水サーバーは、水道水やミネラルウォーターから水素水が作れる据え置き型の生成器です。家庭やオフィスでも簡単に水素水が作れるので人気があります。

水素水をたくさん飲みたい人、家族やオフィスなど複数人で利用する場合に適しています。

水素水サーバーは機種ごとに特徴があります。

比較のポイントとしては、水素水の生成方式や生成できる水素濃度、使用できる水、購入価格及びレンタル可能かなどになりますので、家庭用、業務用など用途に合わせたものを選びます。

・水素水サーバー購入とレンタルどちら?

水素水サーバーは、一般的に普及してないこともあり、性能に応じて価格帯も10万円~50万円程とかなりの幅があるので、必要な性能はどれかなどを考慮して選ぶことが大切です。

レンタルの場合は、最近月額¥3000~¥5000くらいで家庭用として手軽に利用できるレンタルも開始されています。中には、ウォーターサーバーの利用オプションとしてウォーターサーバーレンタル代+水素水キット(プラス1,000円)で利用できるものなども登場しているので、購入とレンタルどちらがいいのか、トータルコストを考えて利用していきたいものです。

・水素水生成に利用する水の種類

水素水生成に利用できる水は水素水サーバーの機種によって異なりますが、大きく分ける

1.水道水

2.浄水(ミネラルウォーター、ろ過水など)

3.ウォーターボトル の3種類です。

一般家庭の水道水には塩素が含まれるため、水素水用の水として使ってもうまく生成されない場合があります。最近は、浄水機能が備わっている機種もあり、水道水がそのまま利用可能になるサーバーが多数発売されているので、浄水器が家庭にない場合などは、このような機種を選ぶのがお勧めです。

水道水が利用可でない機種は、浄水器で浄水した水、またはミネラルウォーターなどを利用しなければならないので注意しましょう。

・生成できる水素濃度は?

サーバーによって生成できる水素濃度が異なりますが、1.0ppm以上の高濃度に生成できるものから、0.2~0.7ppm程度の比較的高濃度でないタイプもあります。

水素濃度が高いものを生成できるサーバーは価格も高くなるので、自分がどの程度び水素濃度を求めるのか、価格と比較して選ぶことが大切です。

Published inルルの日記