Skip to content

犬も寝てれば反応遅れる

「犬も歩けば棒に当たる」ということわざがありますが、我が家の犬の場合は「犬も寝てれば反応が遅れる」の方がよく当てはまります。

我が家の犬は今年で7歳になる柴犬なのですが、この子がよく寝る子で、いつ見てもぐっすりと寝ています。寝ている時以外は、ご飯の時にがっついてるか、おねだりをするか、本当にまれに遊んでくれと纏わりついてくるかのどれかしかありません。

寝ている姿はとても可愛らしく、癒しを与えてもらってはいるのですが、心配になる事も多々あります。それが、反応がとにかく遅いんです。

家族が帰ってきても、帰ってきた事に気付きもせずに寝ているなんてことは日常茶飯事です。この前なんて、ひどい豪雨が続き、大きな音で雷が鳴って、人間でさえ恐怖を覚えていた時に、何事もなかったようにぐっすり寝ているんです。やっと起きたのは、3度目の雷の大きな音が鳴った時です。でも、何事もない事を確認できたのか、そのあとすぐにまた眠ってしまったんです。もちろんまだまだ雷はなり続けているにも関わらずです。

長年家の中で飼っている事や、家族が一緒に居る事で安心しているというのはあるかもしれませんが、それにしても犬としてひどすぎるのではないかと思います。

元々の性格なのかもしれませんが、少しくらい野生の勘とやる気を取り戻してほしいと願うばかりです。

Published inルルの日記