Skip to content

パニック障害という病気について

ある日突然、特段の理由も無く動悸・息切れ・手足の震えといった症状を起こすことを「パニック発作」といいます。

この発作は1度きりではなく、何度も繰り返して起こります。呼吸が浅いと起こりやすくなるようです。

そうするうちに「また怖い思いをするかもしれない」と不安を覚えることを「予期不安」と呼び、パニック発作と並ぶパニック障害の代表的な症状です。

予期不安が強くなると発作に怯えるあまり外出できなくなったり、万が一の時に助けを求められない場所を避けるようになる「広場恐怖」を起こし、日常生活に支障をきたすようになります。

パニック障害の治療についてですが、この症状は脳内の神経伝達物質の分泌が乱れることにより起こると考えられているため、投薬による治療が行われます。

パニック発作が起こらなくなってきたら、それまで避けていた場所に慣れるようトレーニングを行い、回復を目指します。

Published inルルの日記