Skip to content

私の天敵の居候、もうすぐ去る

今私の家には、とても非常識な居候がいます。時々トイレを流さない、ポストは開けっ放しにしている、家の鍵は開けっ放しにする、歩く音がうるさい、家中に芳香剤を置くなど、私からしてみればありえないような所業をやってのけるような人です。

もともと耳が聞こえない人ではあったのですが、どうも仕事場でもめたらしく、居続けることができなくなってしまったために寮を出て行くことになったのでやむなく私の家に来たのがきっかけでした。

私も最初は家賃の半分持ってくれると言う点でとても助かっていたのですが、後半になるとストレスだけが溜まっていく一方だったので、早く出て行って欲しいと思う日々が続きました。

ですがようやく居候にも仕事が見つかり、家も見つかったようなので近々引っ越してくれることになりました。

これがとても仲の良い友達なのであれば、一緒にルームシェアを続けたいと思えるところなのですが、今や私が苦手意識どころか嫌悪感すら感じているところなので、早く出て行ってほしいと願うばかりです。

今は恋人がいないのでこんなことができますが、私にも一緒に住みたいと思える人が現れればいいなと思う今日この頃です。

Published inルルの日記