Skip to content

B型肝炎などのウイルス性肝炎の予防法について

肝臓にはアルコールなどの毒素を無毒化する働きと、ホルモンを分解する働き、脂肪を作り出したり分解する働きがありますが、この他にも血液の中に入り込んだウイルスを殺すための免疫細胞が存在していて、体内に侵入した異物を飲み込んで感染を防ぐ役割があります。B型肝炎などのウイルス性肝炎は肝臓のこの働きによって感染してしまうものです。

肝臓だけに感染するウイルスのタイプはA型、B型、C型の肝炎の他に感染すると高熱を出すエプスタイン・バーウイルスとサイトメガロウイルスがあります。

ウイルス性肝炎は予防法に関してはある程度確立されていますが、治療法は対症療法の他にはほとんどないというのが現状です。

A型肝炎は肝臓に感染をして増殖をすると腸に移行してそこから便と一緒に排泄されます。このため下水設備が不十分で飲用水が汚染されている地域で感染者を多く出します。

このウイルスは魚や貝類にも感染するので海外旅行をしたときに東南アジアなどで魚料理を食べた時に感染することもあります。

B型肝炎は輸血や注射針の共有による血液経由の感染とコンドームを装着しないままの無防備なセックスによって伝染するウイルスです。
⇒参考:http://bkan-bengoshi.jp/

感染初期には症状が全く無いので気がつかないままにパートナーなどに感染を広めてしまいます。

主な症状は全身の倦怠感や長期間の体調不良などですが、多くの場合は治療をすると完全に回復することができます。

しかし感染者の中には長期の肝臓病に進行してしまう人もいるので、感染者と生活を共にする場合には血液などの体液に触れないように気をつけて生活をする必要があります。

またB型肝炎に感染するリスクが高い場合にはワクチン接種をすることで感染を防ぐことができます。

B型肝炎に関してはセックスや注射針による感染がクローズアップされることが多かったので、患者に対して偏見が持たれていましたが、現在では母子感染やピアスの穴あけなどでも感染することが認知されるようになっています。

抗ウイルス薬などを投与する治療は基本的には行われることがなく、B型肝炎ウイルスが自然に体から排除されるのを待つというのが基本的な方針とされています。

またウイルスが排除されずに慢性肝炎になる人の割合は10%から20%とされています。

Published inルルの日記