Skip to content

「ピアノ音楽」を鑑賞することにはまっています!

少し前、辻井伸行さんのピアノソロ・コンサートに行きました(元々クラシック音楽や合唱は好きでたまにそのようなコンサートに行くことはありましたですが、人生初のピアノソロ・コンサートです)。

辻井さんの発する美しい音が優しく繊細に広がり、かと思えば力強く迫力があり、涙が出るほどに感動しました。それ以来、辻井さんのCDを購入し、連日聴いています。

ピアノ一台で、こんなに深く優しくドラマチックな物語を奏でるその技量は素晴らしいと、ピアノなんて習ったことも弾いたこともこともない私が大きな発見をした気持ちです。

ついつい、ふとした時に頭の中でベートーヴェンの「月光」が流れ、そうかと思えばショパンの「革命」が響き・・・毎日の小さなスキマ時間まで、意味のあるものに感じます。そのたびに普段は忘れがちな「生きてるって素敵」ということに、感謝するほどです。

それ以来、「演奏家によって、紡がれる世界が違うのだろうか」という興味も湧いてきています。全てのコンサートに出向くわけにはいかないけれど、ユーチューブでもテレビ番組でも(CMでも!)ピアノ音楽を聴くチャンスがあれば、嬉しくて心からワクワクします。

ここまでの気持ちにさせてくれた辻井伸行さんに心からの感謝と敬意を持っています。ビバ・ピアノ!

Published inルルの日記