Skip to content

カレーに福神漬け

 

たくさんあるカレーの出店ですが、福神漬けが付いているところと付いていないところがあるんです。

 

個人的な好みで言えば、断然福神漬けが付いていたほうが嬉しいですね。

 

もっと欲を言わせてもらえば、あの着色料ガッツリの真っ赤な福神漬けではなくて、うっすら茶色い福神漬けだったらもう言うことなしです。

 

でも思い起こしてみると、子供のころは福神漬けが大嫌いでした。

 

なんで大好きなカレーに、あんな漬物みたいなのが添えてあるんだ!と鬱陶しく感じていたものです。

 

福神漬けが付いていた時には、必ずどけるかその部分だけ残していたくらいです。

 

カレー屋さんにらっきょう漬けが置いてあるのも理解できなくて、誰があんなもん(失礼)食べるんだかと思っていましたね。

 

それが大人になってみると、あの独特の酸味とカレーの相性が抜群に良いのだ、と気づかされることになりました。

 

いまや、福神漬けがなければカレーは始まりません。

 

焼きそばや牛丼の紅しょうがも、同じような感じでしょうかね。

 

やはり昔から定番として組み合わせられているものって、それなりの理由があって定番化しているんだな~と実感します。

 

ちなみに我が子もカレーが大好きですが、福神漬けは頑なにいらない!と拒否しています。

Published inルルの日記