Skip to content

好き嫌いを超越したかっこよさ

大阪都構想についての住民投票は、反対が賛成を上回りました。結果を見ると意外と投票率が高く、住民投票というやり方が良かったのか、或いは別の要因だったかもしれませんが、とにかく投票率の低下が進む他の選挙に一石を投じた結果だったと感じます。

これを仕掛けた橋下さんは自分と同い年です。弁護士時代にテレビで人気を得て、その後政界へ進んだのは、現代のサクセスストーリーのようです。その言動ゆえ好き嫌いがわかれるのも仕方ないのですが、自分は彼に対して今まで好感が無かったのです。

結果を受けての会見を見て、好き嫌いを超越したかっこよさを感じました。実に自身をきちんと客観視出来ていたからです。また会見では言及することは無かったけど、周囲の人間の思惑も実はお見通しなのかもしれません。これからどうするのか分らないけど、今回の件で好感を持つようになりました。

Published inルルの日記