Skip to content

空飛ぶ円盤の乗組員はプラズマの夢を見るか?

UFOを見ました。

 

仕事の帰り、たまたまふっと夜空を見上げると、

小さな光が見え、「星かな? 綺麗だな」と思った瞬間、

右斜め上の方向に、その光の点が移動しました。

 

もしかしたら目の錯覚かなとも思ったのですが、

さっきまで光があった地点には何も無く、

移動した光の点はまた、ジグザグに動いています。

 

やがて、その光はふっと消えてしまったのですが、

何せ奇妙な軌道でしたし、飛行機ということもないだろうなと。

 

あれは空飛ぶ円盤で、中には宇宙人が乗っている。

そんなSFめいた話をする方もUFOに関しては多いのですが、

「理屈はわからない、けど何かの自然現象なんじゃないかな」

というのが、私のUFOに対する立場です。

 

最近はあまりTVでは見かけなくなってしまいましたが、

UFOはプラズマであるという説を説いていた

大槻義彦教授の意見の方が、私としてはしっくりきます。

 

空にプラズマ球が生まれて、それが飛行しているというのも、

それはそれで「自然って凄いんだなぁ……」という

ロマンのようなものを感じるのですが、私だけでしょうか。

 

結局、その時に見たUFOの正体は解りませんが、

珍しいものを見たので、何か良いことがあれば……と思います。

Published inルルの日記