Skip to content

尿が臭いこと以外はいつもどおりの1日

朝起きて、トイレで用をたしていた私は、ある異変に気づいた。「なんだか臭い」そう、尿が臭かったのだ。ちょっとなんてもんじゃない。猛烈な悪臭。原因がわからず不安になったけれど、朝は時間がなかったので調べられなかった。

職場での昼休み。おにぎりをかじりながら、スマホで「尿 臭い」と検索。腎臓の病気の疑いが浮上。気分は降下。健康だけが取り柄の私から健康を取ってしまったら、もう何も残らない。落胆。ここまで臭いってことは、その腎臓の病気とやらは相当進行しているにちがいない。ひょっとしたらなにか重大な病気で、もう手の施しようがなかったりして。

考えれば考えるほど気分は沈む。肩を落として帰宅。ワンルームの部屋でひとり、昨日の残り物を温めて食べた。アスパラガスとベーコンの炒め物。

異臭の正体がアスパラだってことを、このときの私はまだ知らない。だって、さっき知ったから。あー良かった。私の腎臓は元気みたい。今日もぐっすり眠れそう。

Published inルルの日記