Skip to content

100円ショップについて考える

100円ショップとは、私にとって、応援する気持ちが強くて、評価が高いお店である。100円ショップは、私が若かりし頃、食品が少なくて、利用の仕方が今とは違う。今は、日常的な生活全般を網羅している。私にとって、実に足を運びやすいところになっている。

ついつい、「ついでにお酒まで購入してもよいか」と出費を増やしてみても、総額として安心しうるのが、うれしい。100円ショップのお店には、お願いしたいことがある。お願いとは、「食品を取り扱ってほしい」ことだ。また、バナナは、安くしてほしいと思っている。

従来は、5本くらいで100円だった。今は、小さめ3本で100円なことが多い。仕方ないといえば、仕方ないことだ。5本で100円ならば、1本20円となり、これを昼飯1食分とすれば、生計も強くなってくる。なおかつ、切り干し大根は、常に置いておいてほしい逸材な一品だ。保存がきくことから、切り干し大根さえあれば、困ることがないからだ。帰り道において、バナナと切り干し大根を買いに100円ショップに行こう。こんな思いで、昼休みに仕事場から外の景色を眺めている。実に私らしい一時だった。

Published inルルの日記