Skip to content

赤の他人の評価は気にしない

恥ずかしながらわたしはちょっと前まで目立ちたがりだった。自分っていう人間をその他大勢に認めてもらいたかったんだと思う。人に自分を認められたくて目立つような行動をしたり目立つファッションをしていた。若い頃から目立つことが好きだったからコレはわたしの性格かと思ったけど、ここ最近変わったから根っからの性格ではなかったのだと思う。

もう目立たなくていいと思えるようになった。赤の他人に自分を評価されることもばかばかしいし、それが気持ちいいとは思えなくなった。自分を評価するのは自分自身でいい。赤の他人がわたしのことをなんて言おうがかまわない・・・そう心から思えるようになったわたしは少しだけ自分の殻を破れたのかなって思う。

人の目を気にして生きるんじゃなく自分のために生きる。それを忘れずに自分のために今日も生きた。

 

Published inルルの日記