Skip to content

タクシー業界の移り変わり

タクシーといえばひと昔前は60代以上の年配の人が多いイメージでしたが、最近はかなり業界で働く人も変わってきています。会社によっては今まで以上にサービスを強化し、他者との差別化を図っているところも少なくありません。

また年配のおじさんドライバーよりも若い人材や女性なども積極的に採用して、タクシードライバーとして育成しているところも増えてきています。

昨今のインバウンド需要の増加に伴って、外国語が話せるドライバーも必要になってきているし、実際、外国人ドライバーを雇っているところもあるようです。

今後自動運転技術による、無人タクシーなども実用化されていく可能性もありますが、それでもタクシー自体が不要になることはまずないでしょう。無人タクシーが本当に増えてくれば、ドライバーは不要になるケースもゼロではありませんが、まだもう少し先かもしれませんね。

Published inルルの日記