Skip to content

従兄がタクシーの運転手へ転職

今日、久しぶりに親戚を訪ね、従兄が東洋交通株式会社のタクシーの運転手に転職した事を聞きました。従兄は大手企業に勤めていたのでちょっと驚きましたが、転職後の東洋交通株式会社のタクシーの仕事に満足していました。東洋交通株式会社の評判はとてもよくて働きやすい職場だそうです。

従兄は元々東京出身で、就職した会社でも5年ぐらいは東京勤務でした。しかし、その後上司のミスを被って地方に飛ばされた上、下請け会社へ出向になっていたのです。その下請け会社にいても元の会社に戻れる可能性が殆どない事、東京にどうしても帰りたかった事、そして従兄は将来的に自分で起業したいと云う夢が有って、今の職場だと忙しくてその準備も出来ない事、が転職の理由でした。

僕は大学から東京に出て従兄の家にもたまにお世話になっていますが、僕が東京に来た時、既に従兄は地方に転勤になっていました。だから従兄とは今日まであまり話す機会が有りませんでした。

上司のミスで地方の下請け会社に行く事になった事も初めて聞きビックリしましたが、タクシーの仕事も夜中に働くイメージが有りキツイんじゃないかなと思いました。でも今日従兄から生の声を聞いて、タクシー運転手より一般企業勤務の方が仕事量もストレスもずっと多いという事が分かりました。勿論会社にも寄るし、人にも寄るとは思うのですが。

タクシーの仕事で一番良いのは人間関係が楽な点です。上司に媚びる事も無く、自分の思い通りに仕事が進められるし、上司のミスを被るなんて事はまず無いから、と従兄は前の会社を辞めた事にスッキリしていました。確かにどこでも一番ストレスなのは人間関係だと思うのでそれが無いって本当に楽なのだろうと思います。それに従兄にとって大きいのは、自分の自由時間が沢山取れることです。前の会社では毎日残業、残業で、休日出勤も普通だったと言っていました。今は、隔日勤務と言うらしいのですが、1日おきに休めるのです。

自分で起業したいならその準備が必要で、その為に時間が使える上に、給料も前の会社と殆ど変わらのです。タクシー運転手の給料は歩合制なので、働かなければお金は稼げませんが、東京なら特にタクシー需要は多いし、普通に働けば、今までの給料位は稼げ、自分次第でもっと稼げると喜んでいました。また企業勤務の様に何日も何か月も1つの仕事を引きずる事がない事も良い点かな、と言っていました。

それからもう1つ、従兄がタクシーの運転手を始めてから凄く嬉しい事があったそうです。それは従兄が昔から憧れていたスポーツ選手が偶然従兄のタクシーに乗って来た事です。確かに東京都心でタクシーを運転していたら、有名人を乗せる機会はあるかもしれません。それはおまけみたいなものだと思いますが、従兄のこの転職話を聞いて、自分も将来の為、車の免許は取っておこうと思いました。

Published inルルの日記